「新・公害防止の技術と法規 水質」とは?元技術公務員がおススメする水質汚濁防止法に関する本

水質汚濁防止法
環境担当者
環境担当者

水質汚濁防止法や公害防止管理者のこと、もっと勉強したいんだけど、
おススメの本はあるかな?

TAROさん
TAROさん

はい。私がおススメする本をご紹介します

水質汚濁防止法を詳しく解説した本は少ない・・・

「水質汚濁防止法の理解を深めるためには、法律の条文を何度も読み込むことが大切!」ではあるんですが、多忙な企業の環境担当者の方にとっては、もっと要点だけを効率よく学びたい」と思うのではないでしょうか?

また、法律や政令、省令、通知など読んだとしても、「どう解釈したらいいのか?」不明な部分は必ずあります。

そんな時は、「何か水質汚濁防止法の教科書なり参考書があれば・・・」と思うのですが、市販されているものが少ないのが現状です。

唯一「逐条解説水質汚濁防止法」という本に、法律の解釈が細かく解説されています。実際に、多くの行政機関でさまざまな行政判断の参考に使用する本だと思いますが、こちらの本は1996年発売以来、更新されておらず、現在、入手困難な本です(逆にこれを持っていれば行政の担当者と対等に渡り合えるかもしれません)。

したがって、おススメなのが「公害防止管理者」の関連本です。

公害防止管理者を受験する方でなくても、法律の解説や排水処理の方法などが記載されていることが多く、法律の条文を読むより取っ掛かりやすいはず。

そこで、今回はこの公害防止管理者の本の中から、水質汚濁防止法の理解を深めるためにおススメする3冊を選んでみましたので、参考にしていただければと思います。

逐条解説 水質汚濁防止法

■ 新・公害防止の技術と法規 水質編(2022)

こちらは一般社団法人産業環境管理協会が「公害防止管理者等資格認定講習用のテキスト」として作成したものです。つまり公式のテキストです。

公害防止管理者の受験用として使われるだけでなく、方公共団体,会社における研修用,大学の教材用にも広く使われています。

全3冊セットであり、内容は
1.公害総論 2.水質概論 3.技術編(汚水処理特論、水質有害物質特論、大規模水質特論
となっています。

読むの大変そうだけど、本当に必要かなぁ?

TAROさん
TAROさん

法律から技術論までまとまっているので、いざという時に役にたちます。すべて読もうとしなくても大丈夫ですよ。

なぜ3冊必要かというと、

水質汚濁防止法の担当者の方は、法律と技術論の両方を把握する必要があるからです。

まず法律を知らなければ、何を守らなければならないのか、何をしなければならないのか、当然わかりません。

さらに、水質汚濁防止法を理解するためには、関連法である環境基本法や公害防止管理者法(=特定工場~の法律)も理解しておく必要があります。

環境基準と排水基準の違いや、公害防止管理者ってどこに規定されているの??ってことにならないためです。

さらに守るべき基準を理解しても、実際の現場の排水処理などで守れなければどうしようもありません。管理は現場の方が担っていても、BOD,CODなどの項目やどんな測定方法をするのか、最低限のことは把握しておく必要があります。

正直、3冊セットとなるとかなり分厚いです。毎年発売され、基本的な部分は変わりませんが、法改正などがあるため、可能であれば最新版を揃えておきたいところですね。
それぞれどんな内容が書かれているか解説します。

Ⅰ.公害総論 
I. 1 環境問題の概要
I. 2 環境基本法と環境関連法
I. 3 環境基本法の解説
I. 4 特定工場における公害防止組織の整備に関する法律の解説
I. 5 最近の環境問題
I. 6 各種環境管理手法に関すること
I. 7 国際協力

水質汚濁防止法の上位法である「環境基本法」と、公害防止管理者について定めた「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律」についてまとめたものです。

もちろん解説付きです。

環境法令は、体系的に学ぶ必要があります。例えば「水質汚濁防止法の排水基準と環境基本法の環境基準はどういう関係にあるのか」「公害防止管理者はどんなケースで必要なのか、罰則はあるのか」など水質汚濁防止法とは切っても切れない関係にあります。

一冊にまとめられており、また大切な箇所に線を引けるので、法律の条文はネットより本が読みやすいです。

Ⅱ.水質概論 
II . 1 水質汚濁防止対策のための法規制の仕組み
II . 2 水質汚濁防止法の解説
II . 3 水質汚濁の現状
II . 4 水質汚濁と発生源
II . 5 水質汚濁機構
II . 6 水質汚濁の影響
II . 7 国又は地方公共団体の水質汚濁防止対策

こちらは水質汚濁防止法について、詳しく書かれたものです。法律の条文ではないので、読みやすく、効率的に理解を深められると思います。

そもそも法律は「覚える」よりも「理解する」ことが大切です。公害防止管理者を受験する人は、暗記が必要な部分はありますが、実用面でいえば、法の考え方を理解する方が先。

水質汚濁防止法の担当者であれば、「水質概論」は一通り目を通しておくことをおススメします。

3.技術編(汚水処理特論、水質有害物質特論、大規模水質特論
III 汚水処理特論
III. 1 汚水等処理計画
III. 2 物理化学処理法
III. 3 生物処理法
III. 4 汚水等処理装置の維持管理
III. 5 水質汚濁物質の測定技術
IV 水質有害物質特論
IV. 1  有害物質処理技術の概要
IV. 2  カドミウム・鉛排水の処理
IV. 3  クロムVI(六価クロム)排水の処理
IV. 4   水銀排水の処理
IV. 5   ひ素排水の処理
IV. 6   セレン排水の処理
IV. 7   ほう素排水の処理
IV. 8   ふっ素排水の処理
IV. 9   シアン排水の処理
IV.10  アンモニア・亜硝酸・硝酸排水の処理
IV.11  有機りん(農薬)排水の処理
IV.12  農薬系有機化合物排水の処理
IV.13  ポリ塩化ビフェニル(PCB)排水の処理
IV.14  有機塩素系化合物排水の処理
IV.15  ベンゼン排水の処理
IV.16  1,4-ジオキサン排水の処理
IV.17  水質有害物質処理装置
IV.18  有害物質測定技術
V 大規模水質特論
V. 1 大規模排水の拡散と水質予測
V. 2 処理水の再利用
V. 3 大規模設備の水質汚濁防止対策の事例

こちらは各排水基準項目ごとの排水処理方法や測定について記載されたものです。

技術的な内容なので、専門的であり、化学の基礎知識が必要な部分もありますが、特に自社の工場で該当する排水基準項目がある場合は、理解しないといけないものです。

TAROさん
TAROさん

少なくともBOD,COD,SSなどがどんなものか、基準値を満たすにはどうすればいいかは、おさえておきたいですね。

担当者として、読んで理解します

他にも代表的な業種の排水処理方法の事例もありますので、参考になる部分は多いです。

なお、公害防止管理者試験の過去問などはありませんが、体系的に細かく網羅されており、この本があると困った時に役に立つはずです。

■ 公害防止管理者 水質関係 超速マスター 第4版

こちらも公害防止管理者の受験用ではありますが、法律の要点などが図解を交えて掲載されており、また適宜、問題が出題されるため、要領よく学べると思います。

前述の「新・公害防止の技術と法規 水質編(2022)」はハードルが高いと思われる方は、こちらの本が取組みやすい本になります。

■ 2022-2023年版 公害防止管理者試験 水質関係 攻略問題集

公害防止管理者の試験に特化したものです。過去6年分の試験問題を、出題分野に沿って整理・分類し、重要度と頻出箇所がすぐにわかるようになっています。各選択肢に詳しい解説が掲載してあり、この一冊で試験傾向の把握と対策が行えると思います。

「問題形式」の利点は、どこが要点がわかりやすいのが特徴です。

水質汚濁防止法に関する市販本は、種類が少ないですが、公害防止管理者の受験用のテキストが役立つと思います。

法律の条文を読んで理解しようとしても、難解な言い回しや、ポイントがわかりにくいこともあると思いますので、市販のテキストも有効活用していただければと思います。

TAROさん
TAROさん

最後までご覧いただきありがとうございました。

【執筆者 プロフィール】
元技術系公務員のフリーライター。環境リサイクルが専門。環境に関する法律や国の政策を、一般の方でもわかるように解説するのが得意。公害防止管理者(水質第1種)、廃棄物処理施設技術管理者。

某国立大学院の工学研究科応用化学専攻修了後、大手製造業で電子材料の製造開発業務に従事。その後、公務員技術職に転職し、水質汚濁防止法や廃棄物処理法など環境分野の実務を10年以上経験。2022年4月からライターとして独立。

貴社のメディアに、環境系の記事を掲載しませんか?
現在、大手メディア様で環境系の記事を連載中!行政の一次情報を基本とした記事と「元公務員」という肩書により、Google検索上位取得中!ご相談はお問い合わせより、お待ちしています。

「【記事執筆承ります】環境・リサイクルが専門の元化学系公務員ライター」

コメント

タイトルとURLをコピーしました