人はなぜ悩むのか?意外と知らない「悩みの正体」とは?【ブッダに学ぶ正しい心の使い方】

編集後記
今回のテーマ

人はそもそもなぜ悩むのか?
「悩みの正体」がわかっている人は、意外に少ないです。これを理解すれば、どんな悩みでも、根本的な解決策がとりやすくなります。
この疑問に対するブッダの知恵をご紹介します。

なぜ人は悩むのか? 

TAROさん
TAROさん

今回は、私が師と仰ぐブツダ先生にお話を聞いてみたいと思います。
先生、よろしくお願いします。

ブツダ先生
ブツダ先生

よろしくどうぞ。
たろちゃんも元気そうで何より。

TAROさん
TAROさん

はい。おかげさまで。昔は、悩みに苦しむ日々もありましたが、
先生から学んだブッダの知恵のおかげで、改善することができました

TAROさん
TAROさん

ところで、今回のテーマは、「人はそもそもなぜ悩むのか」ということですが、「悩みの正体」について教えていただけますか?

ブツダ先生
ブツダ先生

OK

ブツダ先生
ブツダ先生

答えの前に「人生というのは、悩みや問題がつきものなのだ」
つまり「生きることには、苦しみが伴う」というのが、
ブッダのそもそもの考え方なんだよね。

TAROさん
TAROさん

はい

ブツダ先生
ブツダ先生

そして、「その現実を『最初』に受け入れてしまう」というのが、特徴なんだ。

TAROさん
TAROさん

人によっては、そんな現実を受け入れるのはつらいと思うかもしれませんね。

ブツダ先生
ブツダ先生

でもここでいう「受け入れる」とは、「ある」ものを「ある」と理解するだけなんだ。

TAROさん
TAROさん

「ある」ものを「ある」と理解すると。

ブツダ先生
ブツダ先生

そう。「受け入れる」だと、抵抗感があってネガティブに捉える人もいるかもしれないけどね。

でもそうじゃなくて、そんな現実が「ある」と、「最初」に認めてしまうことがすごい重要なのさ。

TAROさん
TAROさん

なるほど。いい悪いではなく、「人生は悩みがつきもの」というのが前提と考えればいいんですね。

苦しみには原因があり、取り除く方法がある!

ブツダ先生
ブツダ先生

もちろん「苦しいもの」で終わりじゃなくて、ここからが本題。

ブツダ先生
ブツダ先生

「この悩みの正体(原因)は、いったい何だろう?」って考えるんだ。
そして、ブッダはこの悩みの解決方法の手順をまとめているよ。

◆ブッダ式悩みの解決の流れ◆
① 生きることには「苦しみ」が伴う
② 苦しみには「原因」がある
③ 苦しみは「取り除くことができる」
④ 苦しみを取り除く「方法」がある
TAROさん
TAROさん

これは「信じる者は救われる」といった宗教的なものというより、ビジネスで使うような「思考法」といった感じですね。

ブツダ先生
ブツダ先生

そうだね。
まず「前提は人生苦しい(何もしなければ)」から始まり、そこには「原因」があって取り除く「方法」がちゃんとあるよ、という思考法だね。

悩みの正体は「執着」

TAROさん
TAROさん

それで「苦しみの原因」、つまり「悩みの正体」とは一体何なんでしょうか?

ブツダ先生
ブツダ先生

それは、ずばり『執着』

ブツダ先生
ブツダ先生

つまり、どうしてもしがみついてしまう、こだわってしまう、怒りや後悔、欲望といった思いなど「手放せない心」つまり 「心のクセ」 のことだよ。

TAROさん
TAROさん

「つい先のことを心配して不安に感じてしまう」
「いつまでも嫌な過去を引きずってしまう」
「自分や人のことを許せずよく怒る」
いつのまにかパターン化しているのが心のクセですね。

TAROさん
TAROさん

思えば、人間誰しも、執着していることはありますね。
それが「悩みの正体」だったんですね。
ではなぜ、人は執着してしまうのでしょうか?

ブツダ先生
ブツダ先生

その執着を生み出しているのは『心の反応』なんだ。

TAROさん
TAROさん

嫌なことがあったら、腹を立てる。将来のことを考えて、不安になる。これらはすべて「心の反応」ですよね。

ブツダ先生
ブツダ先生

そう。ただ、まったく心が反応しないのは難しいから、苦しみや悩みを作り出す「ムダな反応をしない」ことが一番大切なこと。

TAROさん
TAROさん

「ムダな反応をしない」っていうことは、無理して我慢する、無視する、無関心でいることとは違うんですよね?

ブツダ先生
ブツダ先生

そう、勘違いされやすいけどね。あくまでみを作り出すような反応をしないってこと。

TAROさん
TAROさん

ちなみに、なぜ人は「ムダな反応」を繰り返してしまうんでしょうか?

ブツダ先生
ブツダ先生

それには実は、人間の根本的な部分に理由が隠されているんだ。
その理由について、ブッダはこう語っているよ。

「苦しみをもらたしているのは、快(喜び)を求めてやまない『求める心』だ」

TAROさん
TAROさん

「求める心」

ブツダ先生
ブツダ先生

これは、本能的なものであり、人間が生きている証でもある。

TAROさん
TAROさん

その「求める心」が心の反応を生み出す大元だと。

ブツダ先生
ブツダ先生

そのとおり。具体的には、段階があって、

 ① 求める心がある
 ② それが欲求を生み出す
  (睡眠欲、食欲、承認欲など) 
 ③ その欲求に突き動かされて、人は反応する
 ④ 欲求を満たされれば喜びが、満たされなければ不満が生まれる

ブツダ先生
ブツダ先生

このサイクルを繰り返すのが、人間の人生。

TAROさん
TAROさん

つまり、まとめると求める心 ⇒ (繰り返す)心の反応 ⇒ 執着 悩みの正体という感じですね。

ブツダ先生
ブツダ先生

そうだね。

TAROさん
TAROさん

では、最後に「求める心」とどのように向き合っていけばいいのでしょうか?ました

ブツダ先生
ブツダ先生

「心とは求め続けるもの。だけど満たされるとは限らないので渇きつづける。それが人の心」と理解することだね。

TAROさん
TAROさん

そうしたら、「人生とはそういうもの」とより大きく肯定できそうですね。

ブツダ先生
ブツダ先生

そのとおり。これからも日々の「ムダな心の反応」を小さくすることを心がけてくださいな。

TAROさん
TAROさん

今日は先生、貴重なお話ありがとうございました。

ブツダ先生
ブツダ先生

ちなみに詳細はこの本に書いてあるよ。

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
※何回読んでも新たな気づきが。やはりブッダはすごい。
TAROさん
TAROさん

本記事の続きを書きました。「ムダな心の反応」をしないための方法についてです。

※「ムダな心の反応」は「妄想」が原因だった!?

※こちらもブッダの知恵をまとめたものです。あわせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました